[PR]

 札幌市の秋元克広市長は5日の会見で「昼カラオケ」が新型コロナウイルス感染のきっかけになっている可能性があるとして注意を呼びかけた。感染経路が不明とされている感染者の一部に共通する行動歴だったという。

 秋元市長は「喫茶店やスナックなど、昼食とカラオケがセットで提供される店を高齢者がサークル活動などで利用していた例が散見された」としている。

 市によると、5月の感染者のうち60歳以上が131人おり、このうち1割に当たる十数人が昼カラオケを楽しんでいた。感染源と断定はできないものの、注意喚起は必要と判断した。

 秋元市長はカラオケの留意点として、換気やマイクの消毒、マスクを着けて歌うといった対策を挙げた。(武田啓亮、芳垣文子)