[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】新型コロナとの戦い 世界の現場から@シンガポール①

【朝日新聞ポッドキャスト】新型コロナとの戦い 世界の現場から@シンガポール①

 東京23区よりもやや大きいくらいの国土に、約570万人が暮らす都市国家シンガポール。チューインガムもかめない「管理社会」ぶりでも知られています。新型コロナウイルスにどう対処しているのか、シンガポール支局の西村宏治記者に聞きました。

ポッドキャストでは
ハイテクを駆使した感染対策について、西村宏治記者がシンガポールから肉声でリポートします。全3回の連載で、次回はあす配信の予定です。

Q シンガポールは、道ばたにゴミ一つ落ちていない清潔さで有名です。つばを吐いたりガムを捨てたりすると、罰金を取られるそうですね。

拡大する写真・図版シンガポールの駅などで見かける監視カメラ=西村宏治撮影

A 確かに色々なルールがあります。そのほかにも電車の中での飲食がダメとか。家の中でも、外から見える場所で裸になってはいけないとか。

 そもそもガムは、医療用を除くと売っていないんです。外国からの持ち込みもできません。スーパーとかコンビニに行っても「ハイチュウ」みたいな、軟らかいキャンディーしかないんですよ。

Q でもそれ、みんな従うんですか。

A 幅はあるでしょうが、かなり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら