[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】新型コロナとの戦い 世界の現場から@シンガポール②

【朝日新聞ポッドキャスト】新型コロナとの戦い 世界の現場から@シンガポール②

 新型コロナウイルスが各国で感染拡大する中、当初は抑え込みに成功していたシンガポール。4月ごろから感染者の数が急増しました。背景には、この国ならではの事情があったといいます。シンガポール支局の西村宏治記者に聞きました。

ポッドキャストでは
封じ込めに成功していたはずのシンガポール。急に感染が広がった背景について、西村宏治記者がリポートします。全3回の連載で、次回はあす配信の予定です。

Q シンガポール政府は、どんな新型コロナ対策をとってきたんですか。

A 当初は、感染経路を徹底的に追いかけました。それで、感染の疑いがあるひとを隔離して、クラスターをつぶしていったんです。PCR検査も、濃厚接触者が中心でした。

拡大する写真・図版PCR検査を受ける施設に備えられた遠隔問診システムを視察する政府幹部。外国人労働者たちの復帰に向け、様々な施設の整備が進んでいた=5月10日、西村宏治撮影

 ドライブスルー検査のようなやり方については、政府は「国内感染が広がっていない段階でたくさんの人を検査しても、感染者が見つかる可能性が低いのでやらない」と言っていました。

 このやり方は最初はうまくいっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら