[PR]

 JR博多駅前の西日本シティ銀行本店ビルを解体するため、建物を囲う工事が間もなく始まる。赤褐色のインド砂岩に覆われたその外壁。50年近く福岡の玄関口の象徴として親しまれたなじみの姿が消えようとしている。

 世界的な建築家磯崎新さん(88)=大分市出身=が30代で設計し、旧福岡相互銀行本店として1971年に竣工(しゅんこう)した。地上12階、地下2階建て。外壁のインド砂岩の質感と色が、赤い一枚岩のような存在感を放つ。夜間の光にはオレンジ色に輝く。美術品を収蔵する建物としても知られ、英国の彫刻家ヘンリー・ムーアやドイツの芸術家ハンス・ベルメールらの作品が展示されていた。

 6階には、著名な芸術家5人が競作した五つの応接室があった。福岡市営地下鉄空港線などのシンボルマークをデザインしたグラフィックデザイナーの西島伊三雄(いさお)さん、造形作家の斎藤義重さん、美術作家の高松次郎さん、画家の野見山暁治さん(99)と磯崎さんの5人。部屋の壁、床、天井から家具にいたるまで、それぞれが考案した。

 解体は西日本シティ銀行が本店ビルなど博多駅周辺の3棟を建て替えるため。同行広報文化部によると、6月中旬から、ビルは周囲に足場が組まれ、シートで覆われる。所蔵する美術品約260点は福岡市美術館などにすでに移設、保管した。外壁の一部を含めた美術品の保存と展示の方法を検討している。(上林格)