【動画】東京メトロ日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ」が開業=林敏行撮影
[PR]

 東京メトロ日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)が6日、開業した。日比谷線の新駅は、全線開通した1964年以来56年ぶり。新駅には、急速に再開発が進む一帯の「交通の結節点」としての役割が期待される。

 午前9時半過ぎ、この日から運行が始まった東武線と直通する座席指定列車「THライナー」が虎ノ門ヒルズ駅に到着すると、鉄道ファンらがシャッターを切った。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、新駅開業の際に恒例となっている出発式はなく、静かな「船出」となった。

 都心部では、3月に開業したJR山手線・京浜東北線の高輪ゲートウェイ駅に続く新駅。東京メトロ銀座線の虎ノ門駅とも地下通路でつながり、約7分で乗り換えられる。霞が関の官庁街からも近い。

 新駅から隣の神谷町駅まではわずか約500メートル。反対側の霞ケ関駅も約800メートルと、いずれも徒歩数分から10分ほどで行き来できる。この場所に新駅を造ったのにはわけがある。

 新駅の計画は、建設の主体の都市再生機構(UR)と工事を担う東京メトロが2014年10月に発表し、16年2月に着工した。多くの訪日客を見込んでいた今夏の東京五輪・パラリンピック開幕に間に合わせるという目標に向け、4年余りで開業にこぎつけた。

「大手町に近いのに…」

 森ビルは周辺に「虎ノ門ヒルズ」の名を冠した超高層ビルを次々に計画。14年には地上52階、高さ247メートルの「森タワー」、今年1月にはオフィスビル「ビジネスタワー」が完成した。

 さらに、21年には富裕層の外国人の入居などを当て込んだ住居用ビルを1棟、23年には高さ約265メートルのビル1棟を建てる予定もある。すべて完成すると、虎ノ門ヒルズのビル群の延べ床面積は、東京ドーム17個分の80万平方メートルに広がる。

 虎ノ門周辺の再開発事業はこれだけではない。今年3月には森トラストが手がけた大規模複合ビル「神谷町トラストタワー」が完成。虎の門病院の建て替えを中心とした再開発事業もあり、同病院は昨年5月に新たな建物に移った。

 URの担当者は「虎ノ門は大手町や丸の内に近く、(開発の)潜在能力があるのに、高度利用されていなかった。今後は地下鉄駅の需要が増える」と見込む。

 新駅に森ビルが期待するのは、「交通の結節点になる」(広報担当者)という役割だ。駅に隣り合うビジネスタワーの1階には、空港リムジンバスが発着できるバスターミナルが入った。晴海など臨海部と、バス高速輸送システム(BRT)で結ぶ予定もある。14年に新橋と虎ノ門の間が開通した環状2号線と合わせ、周辺の利便性は向上しつつある。

 一方で新型コロナはここでも影を落としている。五輪の1年延期が決まり、5月に予定されていたBRTのプレ運行も延期となった。企業のテレワークが浸透し、オフィスビル需要の見通しも不透明さを増している。URは13年にまとめた調査報告書で、新駅の乗降客数を1日約8万人と見込んでいた。再開発はその後一層進んだが、新型コロナの影響もあり、「現在は精査中」だという。

■日比谷線、止めず…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら