コロナで排出減でも… 大気中のCO2濃度、過去最高に

有料記事新型コロナウイルス

ワシントン=香取啓介
[PR]

 世界気象機関(WMO)は5日、今年5月の大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が過去最高の417・1ppmを記録したと発表した。新型コロナウイルスパンデミック(世界的な大流行)による経済活動停止で、一時的に排出は下がっているが、経験のない地球温暖化の危機が続いていることが改めて示された。

 世界の指標の一つとなっている米海洋大気局(NOAA)のハワイのマウナロア観測所の5月のデータで、昨年より2・4ppm増加した。大気中のCO2)は季節変動があり、植物が成長する夏には吸収されて減るため、北半球の夏前にピークを迎える。マウナロアの研究者は濃度が上昇していることについて「(コロナ)危機は排出を遅らせたが、マウナロアで感知できるほど十分ではない」としている。

 大気中のCO2)濃度は産業革命前は約280ppmだったが、2014年にマウナロアで初めて400ppmを突破。毎年2ppmほどの増加が続いている。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、気温上昇を2度未満に抑えるには、450ppm程度に抑える必要があるとしている。

 国連は50年までに温室効果

この記事は有料記事です。残り202文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]