[PR]

 シンガー・ソングライターのさだまさしさん(68)が、昨年12月にアフガニスタンで凶弾に倒れた中村哲医師(享年73)を追悼する歌「ひと粒の麦~Moment~」を作った。海外で人道支援に力を尽くす人たちを「風に立つライオン」とたたえ、歌ってきた、さださん。中村さんと直接会う機会はなかったが、その活動を尊敬し、手紙を書くつもりで作ったという。

 銃撃事件から半年を前に、5月20日に発売したアルバム「存在理由~Raison(レゾン) d’●(eに^(曲折アクセント)付き)tre(デートル)~」に収めた。このアルバムで最も伝えたかったのが、「ひと粒の麦」だという。

 歌詞には、アフガンの砂漠化した大地に用水路を建設し、農村を復興した中村さんの活動を織り込んだ。

   …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら