[PR]

 兵庫県宝塚市安倉(あくら)西2丁目の住宅で、親族4人がボーガン(洋弓銃)で襲われ死傷した事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された野津(のづ)英滉(ひであき)容疑者(23)の母は帽子をかぶった状態で室内で倒れ、伯母は自転車用のヘルメットをかぶった状態で首を撃たれていたことが、捜査関係者への取材で分かった。県警は、野津容疑者が母と伯母を自宅で待ち構え、訪れた直後に次々襲ったとみている。

 死亡したのは野津容疑者の祖母の好美(よしみ)さん(75)と母のマユミさん(47)、弟の英志(ひでゆき)さん(22)。伯母の百合江(ゆりえ)さん(49)は首に矢が刺さる重傷を負った。野津容疑者は「祖母、弟、伯母、母の順番で撃った」「家族全員を殺すつもりだった」と供述。4人とも頭部付近を狙われており、県警は強い殺意をもって犯行に及んだとみている。

 県警によると、野津容疑者は現場の住宅で、祖母、弟と3人で住んでいた。母は自宅から約500メートル離れたアパートで、伯母は宝塚市の隣の西宮市で暮らしていたという。周辺の住民らによると、祖母は最近は体調が優れず、母らが定期的に来ていたという。

 捜査関係者によると、野津容疑者は4日午前、自宅で祖母と弟を襲った後、自宅に来た伯母と母に、相次いで矢を撃ったとみられる。野津容疑者は伯母が来る前、伯母に電話をしており、伯母を待ち構えて襲った可能性がある。伯母は首に矢が刺さった状態で逃げ出し、近隣に助けを求めた。目撃した住民によると、その時、自転車用のヘルメットをかぶったままだったという。

 また、2本の矢を撃たれた弟が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら