[PR]

 滋賀県内では6日、新たな新型コロナウイルスの感染者が確認されなかった。

 感染確認ゼロは5月24日以降、14日連続。これにより県は7日から、感染拡大防止のための3段階のステージを「警戒」から「注意」に下げる。

 ただ、引き下げによる感染対策の変更はなく、県では今後も、感染者が多い地域への移動や大規模イベントの自粛要請を継続する。

 6日現在、県内の感染者は延べ103人。2人が入院中で、宿泊施設で療養中の人はいない。

 県は5月14日、全ての事業者に対する休業要請を解除した。同時に、県内の感染状況に基づいて県民の活動を制限する「特別警戒」「警戒」「注意」の3区分のステージを設けた。

 三日月大造知事は「感染症は終息していない。感染拡大防止に最大限努めながら様々な活動を再開させ、少しずつ前に進んでいきましょう」とコメントした。(安藤仙一朗)