[PR]

 新潟市の飲食店従業員の30代女性が自殺するのを手伝ったとして、岩手県警は6日、秋田県横手市の無職少年(19)を自殺幇助(ほうじょ)の疑いで逮捕し、発表した。少年は容疑を一部否認しているという。

 岩泉署によると、4日午後7時50分ごろから5日午前11時半ごろの間に、自殺願望のあった女性を岩手県田野畑村真木沢の「鵜の巣断崖展望台」に車に乗せて連れて行くなどして、飛び降り自殺を手助けした疑い。女性の遺体は崖下の海中から発見された。

 5日に展望台を訪れた観光客が、駐車場ではない場所に止められた不審車両があると通報。駆けつけた署員が、展望台の柵を越えて海側に立っている少年を見つけた。少年は意識がもうろうとしていたため、同県宮古市内の病院に入院。話ができる状態になり、事情を聴いていたという。