[PR]

 プロ野球ヤクルトは6日、新型コロナウイルス感染の疑いで4日にPCR検査を受けたアルバート・スアレス投手(30)が陰性と判定されたと発表した。急性咽頭(いんとう)炎と診断されたという。

 球団によると、スアレス投手は4日午前の練習後の検温で37度2分あり、のどの痛みを訴えたため、東京都内の病院を受診。味覚、嗅覚(きゅうかく)に異常はなかったが、自宅に隔離されていた。現在、症状は治まっており、7日からチームに復帰することが可能だという。

 ヤクルトでは村上宗隆内野手(20)も4日、発熱などの症状を訴え、PCR検査を受け、5日に陰性と判定されていた。