バンクシーが新作を公開 燃える星条旗「白人の問題だ」

有料記事

ロンドン=下司佳代子
[PR]

 謎の路上芸術家バンクシーが6日、自身のインスタグラムで新作を公開した。遺影のとなりに置かれたろうそくの火が米国旗に燃え移る様子が描かれ、「これは白人の問題だ」とのコメントが添えられている。米国で、白人警察の暴行で亡くなった黒人男性を追悼し、事件をきっかけに世界に広がる抗議行動への連帯を示したものとみられる。

 バンクシーは新作に添えたコメントで「最初は黙ってこの問題について黒人の声に耳を傾けるべきだと思った」としたうえで、「でも、なぜ私はそうするのか? これは彼らの問題ではなく、私の問題なのに」と自問した。人種差別の構造を、集合住宅で水道管が壊れ、階下の部屋に水浸し被害が出ることにたとえながら、「有色人種の人たちは、システムのせいでつまずいている。それは白人のシステムだ。欠陥のあるシステムが彼らの生活を悲惨なものにしているが、それを直すのは彼らの仕事ではない。上の階の部屋には入れてもらえないからだ」とつづった。

 「もし白人がそれを直さないならば、誰かが上の階に来てドアを蹴飛ばさなければならないだろう」と結び、事件への抗議行動への支持を暗に表明している。

 英紙ガーディアンによると…

この記事は有料記事です。残り112文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!