拡大する写真・図版米ニュージャージー州の介護施設で3月下旬に亡くなった、リリー・レパシュさん(左)。右端が三女リーさん(遺族提供)

[PR]

分極社会

 「母は見捨てられた」

 リー・レパシュさん(55)は声を震わせる。米ニュージャージー州アンドーバーの介護施設に住んでいた母のリリーさん(当時84)は3月23日、新型コロナウイルス感染が疑われる症状で亡くなった。

 新型コロナの感染が州内で拡大し、3月中旬から家族も施設内に入れなくなった。だが、職員は「感染者は出ていない」と答えるばかり。心配を募らせた姉が建物に近づき、1階の窓から部屋の中を見ると、母は痩せこけ、テーブルの上で突っ伏したままだった。2日後、容体が悪化したとの連絡を受け、間もなく息を引き取った。

拡大する写真・図版米ニュージャージー州の介護施設で3月下旬に亡くなったリリー・レパシュさん(中央)=遺族提供

この施設は以前から、「サービスが基準未満だ」と行政指導を受けていたといいます。後半で詳しくお伝えします。

 この施設は約700床と州内で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら