助言を軽視、市民蹴散らす 危機三つで露見した米のつけ

有料会員記事

アメリカ総局長・沢村亙
[PR]

分極社会

 米国が試練を迎えている。新型コロナウイルスの死者は10万人を超え、白人警官が黒人男性を死なせた事件をきっかけとした抗議デモは、全土に広がる。「命の格差」をめぐる市民の憤りは、11月の大統領選にどう影響するのか。

抱えてきた問題を一気に顕在化

 三つの危機が米国をさいなんでいる。

 新型コロナウイルスは米国で…

この記事は有料会員記事です。残り644文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら