[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)にとって初めてのタイトル戦となる第91期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第1局が8日、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。8日時点で17歳10カ月20日の藤井七段は、この対局で、屋敷伸之九段(48)が保持していたタイトル挑戦の最年少記録を4日更新した。

 藤井七段が挑むのは、今期の名人挑戦者でもある渡辺明棋聖(36)=棋王、王将とあわせ三冠。対局は午前9時に始まり、先手番になった藤井七段はお茶を飲んでから、初手▲7六歩を指した。普段の作戦は「角換わり」が多いが、今日は「矢倉」を採用。渡辺棋聖は意外だったのか、藤井七段の手を見て、4手目に6分考えた。持ち時間は各4時間で、夜までに終局する見通し。先に3勝した方がタイトルを獲得する。

 タイトル戦の開幕戦はホテルや旅館で行われることが多いが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で将棋会館での対局となった。また、対局者は和服を着るのが慣例だが、この日の藤井七段はスーツで臨んでいる。両者、マスクを着用して盤面に向かっている。(村瀬信也