[PR]

 プロ野球阪神と阪神甲子園球場は8日、全国の高校3年生の全野球部員約5万人に「甲子園の土入りキーホルダー」を贈ると発表した。新型コロナウイルスの影響で「夏の甲子園」という目標を失った球児のために、と矢野燿大(あきひろ)監督らが発案した。

 キーホルダーは透明の球状のカプセルに土を入れ、全国高校野球選手権の大会回数を表す「102」というロゴが入る。大会期間中のオリジナルグッズに使われる予定だったものだ。製作費の一部を監督やコーチ、選手らが出し合う。封入される土の一部は監督や選手のほか、球場、阪神園芸の職員らが直接グラウンドから集める。

 矢野監督は「ただ単に物を贈るのではなくて、ぼくたちが土を集めることで、みんなが応援しているよという思いが球児に届いてほしい」と話す。

 チームは5月中旬ごろから「球児がほんの少しだけでも前を向けるために何かできないか」と、オンラインでミーティングを重ねてきた。その中で発案され、甲子園を本拠とする阪神ならではのできることだと全員が賛同し、日本高校野球連盟にも相談して実現したという。

 キーホルダーは現在生産中で、8月下旬ごろをめどに配送される。対象は軟式も含めた日本高野連に加盟する野球部の3年生。日本高野連によると、昨年5月時点の2年生部員は硬式が約4万7千人、軟式は約2800人となっている。

日本高校野球連盟・八田英二会長の話

 球児への熱い想いがつまったエールとともに、球児の憧れである阪神甲子園球場の土が入ったキーホルダーをご贈呈いただきました。

 今回、このような熱いアイデアをお考えいただいた阪神タイガース・矢野燿大監督はじめ、コーチ、選手の皆様、阪神甲子園球場の皆様、阪神園芸の皆様に感謝申し上げます。