異様な中古車市場に「変化の兆し」 編集長が指摘

有料記事

神沢和敬
[PR]

 日本の中古車市場は、新車市場の2分の1しかない世界的にはまれなマーケット。そんな状況が新型コロナウイルスの影響で変わるかもしれない、と中古車情報誌「カーセンサー」の西村泰宏編集長が指摘しています。どうしてなのでしょうか。

 ――日本の中古車市場は国際的に見て特殊なのですか。

 「世界的には中古車は新車の2倍ほど売れます。日本はその逆で、2分の1ほどです。新車が毎年500万台ほど売れるのに対し、業者間の取引を除いた中古車の売買は260万台ほどにとどまると推計しています。異様と言えます」

 ――なぜでしょうか。

 「日本では新車を優遇する手…

この記事は有料記事です。残り1002文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!