[PR]

 演奏はマスク着用、ブラボーは禁止――。新型コロナウイルスの感染拡大で、活動を停止していたオーケストラや音楽ホールが動き出している。公演には「3密」の回避が必須。リスクの軽減と生の音楽を楽しむ文化をどう両立させるのか。立ちはだかる課題を前に、現場の手探りも始まった。

 大阪・中之島のフェスティバルホールは、今月26、27日に大阪フィルハーモニー交響楽団(大阪市)の定期演奏会を開く。実質的なイベントの再開だ。そのためにいま、入り口に置く検温用のサーモグラフィーを手配中。客席や手すりを消毒するためにスタッフの増員も必要だ。

 舞台上も様変わりする。大阪フィルによると、間隔をとるために100人近い大編成を半数以下にするという。プログラムの変更も考えている。

 座席数は約2500席で、入場…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら