立憲・社民 合流に向け文書作成へ 組織など論点整理

[PR]

 立憲民主党福山哲郎幹事長と社民党吉田忠智幹事長は8日、国会内で政党合流について協議した。両氏は今月中にも合流する際の地方組織のあり方や党職員の雇用など各論点の方向性をまとめた文書案を作成することで一致。ただ、社民党内には地方組織を中心に合流への慎重論が根強く、成否は不透明だ。