[PR]

 米ニューヨーク株式市場で株価が急上昇しており、新型コロナウイルスの感染が広がる前の水準をうかがう勢いだ。空前の金融緩和で市場にマネーがあふれる中、「経済再開」の動きを受けて投資家が積極的にリスクを取っている。黒人男性の暴行死事件をきっかけにした抗議デモで社会不安は深まるが、市場はほとんど気にかけていない。

 米主要企業でつくるダウ工業株平均は前週末の5日、前日比829ドル高い2万7110ドルで終え、3カ月ぶりに2万7千ドル台を回復した。上昇は5日連続。3月23日につけた直近の安値(1万8591ドル)からは45%超もの急騰となる。

 ハイテク株が多いナスダック市場の総合指数は9814で終え、2月19日につけた史上最高値(9817)に迫る勢いだ。取引時間中の最高値は更新した。

 新型コロナ対策で幅広いビジネ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら