[PR]

 新型コロナウイルスの影響で第102回全国高校野球選手権大会が中止になったことを受け、滋賀県高校野球連盟は8日、県独自の大会を7、8月に開催すると発表した。

 抽選会は今月27日で開幕は7月18日、決勝は8月9日の予定。トーナメント方式で開く。昨年の秋季大会上位4校をシード校とする。準々決勝までが皇子山球場(大津市)と湖東スタジアム(東近江市)で、準決勝以降は県立彦根球場(彦根市)。ベンチ入りは各校20人までで試合ごとに変更できる。控え部員と1選手2人までの保護者がスタンドに入れる方向で検討している。

 熱中症対策として、昼の時間帯の試合を避け、十回以降はタイブレーク制度を適用する。