[PR]

 新型コロナウイルスの感染を防ぐため、家で過ごさなければならない時間が大幅に増えた。そんな世界でいま、ドメスティックバイオレンス(DV、家庭内暴力)の被害拡大が心配されている。外出規制は緩和され始めたが、避難もままならず厳しい状況に置かれた被害者も少なくない。

 豪州南東部、最大都市シドニーのあるニューサウスウェールズ州。DV被害者の支援団体を統括する「DV・NSW」の報道担当、レナタ・フィールドさんによると、外出規制が始まった3月以降、5月末まで、被害者が支援を求める件数が州内の各団体とも前年比10~40%ほど増えている。

 豪州では5月以降、規制が段階的に緩和されているが、「まだ多くの人が家にいて、祖父母や友人宅などに避難できていない。助けを求める場となる職場の多くや宗教施設も再開していない」とフィールドさん。被害者たちに厳しい状況はさらに数カ月は続くとみる。

拡大する写真・図版豪州でDV被害者たちが避難するシェルターの部屋。女性とその子どもが自立先を見つけるまで安全な環境で暮らす=女性のコミュニティー・シェルター提供

相談の電話30%増

 シドニーのNGO「女性のコミュニティー・シェルター」。シドニーと周辺の7カ所で、DVから逃れた人や子どもたちが暮らす避難所(シェルター)を運営する。最近、入所した女子大学生(18)は3月下旬に外出規制が始まった後、父から暴力などの被害を受けた。アルバイト先のカフェが持ち帰りサービスだけになって営業を縮小し、仕事を失った。シェアハウスの家賃を払えず、実家に。母にDVをしていた父の矛先が自分にも向いたのだ。

 この団体では規制が敷かれた直…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら