[PR]

 「『夜の街』で働く人の多くは、感染拡大が騒がれても、人ごととしかとらえていない。感染者が出ても非公表で営業を続ける店はほかにもあるだろうし、感染はもっと広がっていると思う」

 新宿・歌舞伎町のホストクラブでホストとして働く20代の男性は、電話取材にそう語った。新型コロナウイルスに感染し、6月はじめから療養用の東京都内のホテルにとどまっている。

 歌舞伎町のホストクラブやキャバクラの多くは、緊急事態宣言が出された4月はじめにいったん営業を自粛した。だが東京都の休業要請が続くなかで、次々と営業を再開した。男性が働く店も2週間ほど臨時休業したものの、4月中旬には営業を再開した。

 店で異変があったのは、5月に入ってからだという。スタッフの1人が、37・5度以上の発熱が1週間以上続き、店を休んだ。ただPCR検査は受けないまま、店に復帰した。

 しばらくして、男性も38・5度の熱が出た。検査で陽性と判明した。男性の頭をよぎったのは、驚きよりも不安だった。

営業続ける店、働き続ける同僚

 男性は感染を防ぐため、自宅と…

この記事は有料会員記事です。残り1279文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1279文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1279文字有料会員になると続きをお読みいただけます。