【動画】ユーチューブを通して自らの練習方法や投球理論を発信している苫小牧駒大の伊藤大海投手。プロ野球ドラフト会議で1位指名の呼び声も高い=能田英二撮影
[PR]

 今秋のプロ野球ドラフト会議で1位指名の呼び声も高い大学生右腕が、ユーチューブを通して自らの練習方法や投球理論を発信している。アマ球界のトップ選手としては珍しい試み。最速155キロを誇る22歳が伝えたいこととは――。

アドバイスのひと言 「選手は変われる」

 北海道南部の苫小牧市にある、苫小牧駒大(2021年4月から北洋大に名称変更)の伊藤大海(ひろみ)投手(4年、主将)は3月から動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信を始めた。コンセプトは「みんなでつくる野球ノート」だ。

 野球少年やその親たちの「もっと速い球を投げたい」「そのための練習方法とは?」という願いや疑問に答えるべく、みずからの考えを紹介している。

 野球部寮の自分の部屋が即席のスタジオ。iPhoneを三脚に置いて、自分が話す様子を撮影する。練習場面は部員に撮影してもらい、編集する。

拡大する写真・図版苫小牧駒大の伊藤大海投手=4日、北海道苫小牧市

 「リリースドリル編」では、持ち味である直球の投げ方のコツを伝授。キャッチボールでは体の正面を相手と正対する、正面投げで「ボールをつぶすイメージ。右腕が体から離れないことを意識する」などと解説し、力強い球筋を実演してみせる。

 視聴者からの質問に答える形で次のテーマを考え、週1回程度の更新をめざしている。

 「選手はアドバイスのひと言がきっかけで変われる」

面白いように三振奪えた

 配信を始めたきっかけは、伊藤選手が投手として大きく成長を遂げた体験に基づく。

 2014年、駒大苫小牧高2年…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら