宮崎)日向サンパーク温泉施設、休館へ

新型コロナウイルス

浜田綾
[PR]

 宮崎県日向市は、総合レクリエーション施設「日向サンパーク」内の温泉館「お舟出の湯」を9月末に休館することを決めた。利用者が増えず、経営が厳しいため。市は民間への施設売却を検討する。

 施設は市の第三セクター「日向サンパーク温泉」が運営しているが、6年度連続で赤字が続き、3月末の累積赤字は約1億1655万円。今年度に入っても新型コロナウイルス感染症の影響も受け、3月から計2カ月以上の長い休業がさらなる追い打ちをかけた。

 温泉施設とレストランを備えた温泉館には平均で年間16万5千~17万人が訪れていたが、19年度の利用者は15万3069人だった。

 同社は今後、従業員の希望退職を募る。併設するオートキャンプ場や体育施設、道の駅「日向」の営業は続ける。(浜田綾)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]