拡大する写真・図版関西を拠点にするお笑いコンビ「祇園」の木崎太郎(手前)と櫻井健一朗。撮影時もソーシャルディスタンスを取った=2020年6月4日、大阪市中央区

[PR]

 前回、彼らに取材したのは11年前のこと。吉本興業の若手劇場「baseよしもと」のライブで見たのがきっかけだった。女子高生の友達同士に扮するコントで笑わす初々しいコンビ。あのころはまだ、「キザキ」はいなかった。

 「ここ5年くらいですからね。根がナルシスト。芸人では、『イタい』と言われるんで隠してたんですけど」

拡大する写真・図版記者が気になる35歳以下の芸人に取材するコーナーです

ジャニーズ顔負け?

 キラめく金色のスーツに身を固めて、「男前じゃないですか~」。スター気取りを貫くキザキこと、木崎太郎(34)。7歳のころ、ディズニーランドのシンデレラ城の前で、足を組んでカッコつけるビデオの映像があるとか。「モテないとかどうしたらモテるかとか、考えたことないですね」。ジャニーズでも涼しい顔でこんなこと言う?

 「ボケてないんじゃないかと悩んだこともありましたけど、ウケてるからいいかって」

祇園のプロフィール
大阪府出身の木崎太郎と京都府出身の櫻井健一朗が2008年に結成。公式ユーチューブチャンネルで多彩な映像を発信している。

キャラで浮上、新たな課題は

拡大する写真・図版コンビ名は漢字にこだわり、京都で考えたという=2020年6月4日、大阪市中央区

 キャラの確立で、コンビは上昇…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら