[PR]

 電子部品大手の村田製作所と繊維大手の帝人フロンティアは4日、電気を起こして抗菌力を発揮する世界初の繊維を開発したと発表した。肌着やマスクなど向けに年度内に売り出す予定。新型コロナウイルスにも「検証を始めたばかりだが、何らかの効果が発現すると考えている」(担当者)という。

 新開発の繊維は、力を加えると電気を生み出す性質のある素材「ポリ乳酸」を使ったもの。身につけると体の動きで伸び縮みして微弱な電気を起こし、菌の増殖を防ぐなどするという。

 4月に両社の共同出資で設立した「ピエクレックス」(滋賀県)が販売し、2025年度に売上高100億円を目指す。村田の村田恒夫会長兼社長は「繊維分野で新たな価値創造に挑戦する。動いて抗菌するスポーツ服や歩いて消臭する靴下が期待できる」。帝人フロンティアの日光信二社長は「医療用を含め無限の可能性がある」と話した。(西尾邦明)