[PR]

 神奈川県庁で使われていた個人情報入りのハードディスク(HDD)が外部に流出した事件で、窃盗罪に問われた処分請負会社「ブロードリンク」元社員の高橋雄一被告(51)に対し、東京地裁は9日、懲役2年執行猶予5年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。品川しのぶ裁判官は「記録媒体の内部情報が漏洩(ろうえい)し、神奈川県庁や他の処分依頼者に大きな不安感を与えた」と述べた。

 判決は「プライバシーや企業秘密が保存されている可能性を認識しながらHDDなどを持ち出しており、非常に悪質だ」と指摘。内部データが残されていないことを適切に確認せずに売却するために犯行に及んでおり、刑事責任は相当に重いとしつつ、「売却で得た全額分に当たる約1900万円を会社側に支払い、反省している」と述べて執行猶予が相当だと判断した。

 判決によると、高橋被告は2018年6月~昨年12月、神奈川県のHDDを含む計51個の記録媒体(約9万8千円相当)を盗んだ。(根津弥)