【動画】奈良の舞子がユーチューバーに=岡田匠撮影
[PR]

 奈良の「舞子(まいこ)」がユーチューバーになった。1月に動画配信を始め、白塗りの化粧の仕方を紹介するなど、再生回数は12万回を超える。新型コロナウイルスの影響で外出自粛が広がった4月からはライブ配信を始め、「バーチャルお座敷」にも挑戦。花街の日常や舞子の素顔を発信している。

拡大する写真・図版ライブ配信中に笑顔を見せる菊愛さん(右)ときく浪さん=2020年5月13日、奈良市今御門町、岡田匠撮影

 京都の「舞妓」に対し、奈良では「舞子」と表記される。ユーチューブの「ならまち花あかりちゃんねる」には、世界遺産・興福寺の南に残る花街・元林院(がんりんいん)の舞子、菊愛(きくえ)さん(20)と、きく浪(なみ)さん(19)の2人が主に登場する。

拡大する写真・図版お座敷遊び「金毘羅船々」で勝った菊愛さん(左)が、負けたきく浪さんの顔に罰ゲームの落書きをした=2020年2月5日、奈良市今御門町、岡田匠撮影

 お茶屋「つるや」に所属し、芸妓(げいこ)の菊乃(きくの)さん(47)が育てる。元林院には最盛期の昭和初期、200人の芸妓や舞子がいたというが、今では芸妓は菊乃さんだけ、舞子は3人になった。

拡大する写真・図版チャンネル登録者が1千人に達し、感謝の舞を披露する菊乃さん=植村貴浩さん提供

拡大する写真・図版チャンネル登録者が1千人に達し、感謝の言葉を述べる菊乃さん(中央)=植村貴浩さん提供

 5月中旬、元林院にある飲食店…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら