拡大する写真・図版角栄と「四島」

[PR]

 日ソ国交回復以来17年ぶりとなる1973年の田中角栄首相訪ソに、当時29歳の長女真紀子氏が同行していた。朝日新聞が入手した極秘会談録を読んでもらった上で、ともに泊まったクレムリン宮殿での父の様子や、2001年に外相になってこの会談の成果にこだわった思いなどを聞いた。

連載初回)「四島」ソ連に迫った田中角栄 首脳会談の極秘議事録
冷戦下の1973年、田中角栄首相は、首脳会談で北方領土をめぐり火花を散らした。「四島」へのこだわりを伝える極秘会談録を元に、全8回の連載で当時を振り返り、今日への教訓を探る。今回は6回目。

 ――田中首相とブレジネフ書記長の会談に同席はされていませんが、会談録をご覧になった感想は。

 本当に父らしいと思ったのは、例えば画竜点睛(がりょうてんせい)の故事を引くところですね。「領土問題は竜の目だ」と迫り、コスイギン首相が「二つの目(二島)を入れた」と言うと「四つの目(四島)を入れたい」と切り返す。回転の速さが怖いぐらいです。

 コスイギン首相が割り込んでくるやり取りを読んで、3日間続いた会談の合間の父の様子を思い出しました。クレムリンの長い廊下を部屋へ戻ってきて、「コスイギンは切れ者だ。数字も経緯も正確に知っている」と言うので、私は「じゃあソ連はコスイギン一人でいいじゃない」と言うと、父は「違う」と。

 「労働者あがりで豪傑のブレジ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら