拡大する写真・図版さっぽろ地下街オーロラタウンに設置されたマスク回収ボックス=2020年6月4日午後2時12分、札幌市中央区、斎藤徹撮影

[PR]

 政府が全世帯に配っている布マスク、通称「アベノマスク」の回収・再利用に、連合北海道が乗り出している。札幌市の地下街など約20カ所に「マスク回収ポスト」を設置した。野党から「税金の無駄遣い」という批判が出るなか、野党の支持団体である連合がアベノマスク回収に乗り出したワケとは。

「これほど多く集まるとは」

 8日、札幌市中央区の主婦(46)が2枚一組のアベノマスクをポストに寄付した。

 「アベノマスクは小さすぎて見た目もかっこ悪いので、うちの家族は誰も使わない。それなら本当に必要としている人に使ってもらったほうが良いかなと思って。使い捨てマスクも手に入るようになり、布マスクは自分で作りました」

 連合北海道がポストを設置した…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら