[PR]

【答える人】仲弥さん 仲皮フ科クリニック院長(埼玉県川越市)

 85歳男性。約1年前から頭頂部がかゆくなり、皮膚科で「脂漏性湿疹」と診断されました。ステロイドの塗り薬を使っていますが、頭頂部にかさぶたができたり、それが落ちてきたりします。かゆみも止まらず、薬の効果を実感できずにいます。(神奈川県・N)

 Q どんな病気ですか。

 A 脂漏性皮膚炎ともいわれる、患者数の多い病気です。皮膚から脂が多く出て、頭や髪の生え際、耳の後ろ、背中の上部などを中心に湿疹ができます。皮膚に炎症が起き、かさかさして赤みが出て、かゆみを伴います。真菌(カビ)の一種、マラセチアが関係していると考えられています。生後2~8週間で発症し、約半年で治る一過性の「乳児型」と、皮脂腺が発達する思春期以降にみられ、慢性化しやすい「成人型」に大別されます。

 Q 診断のポイントは。

 A 体の左右対称に出ることが多いです。似た症状にアトピー性皮膚炎や乾癬(かんせん)があります。前者は皮膚の乾燥が強く、毛穴がポツポツ盛り上がることなどが特徴です。後者はかゆみが比較的少なく、ひざやひじなど、こすれやすい部位にできます。

 Q 治療法は。

 A 塗り薬は、軽症の場合、抗真菌薬のケトコナゾールを使います。炎症を抑える作用もあり、副作用は少ないです。症状が強い場合は、炎症を抑えるステロイドが選択肢になりますが、皮膚が薄くなるなどの副作用があります。保険適用外ですが、患者さんの同意のうえで免疫を抑える作用の薬を使うこともあります。のみ薬では、抗ヒスタミン薬やビタミン剤(B2、B6)もよく使われます。

 Q 生活で注意する点は。

 A 体をよく洗うことが効果的です。レバーやホウレンソウなどビタミンB群を多く含む食品を意識し、バランスのよい食事をとりましょう。脂肪分や糖分が多い食品やアルコールは控えた方がいいです。睡眠を十分とり、ストレスを減らすことも大切です。

    ◇

質問には連絡先を。回答は紙面に限ります。

【メール】 kenko@asahi.comメールする

【郵便】   〒104・8011 朝日新聞科学医療部

【ファクス】 (東京)03・3542・3217

       (大阪)06・6201・0249

<アピタル:どうしました・その他>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/hatena/