拡大する写真・図版名人戦第1局で初手を指す豊島将之名人。左は挑戦者の渡辺明三冠=2020年6月10日午前9時1分、三重県鳥羽市、河合真人撮影

[PR]

 豊島(とよしま)将之(まさゆき)名人(30)に渡辺明三冠(36)が挑戦する第78期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局が10日、三重県鳥羽市の旅館「戸田家」で始まった。当初は4月8日に東京都内で開幕する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期され、約2カ月遅れの開幕となる。

 名人戦では恒例のファンらを集めた前夜祭や大盤解説会は行わない。対局室の換気を徹底するなどの感染防止策をとった上で、対局のみ実施する。(村上耕司)

封じ手局面

#杉本副立会人に聞きたい

 第1局の1日目は、40分の長考を経て渡辺挑戦者が56手目を封じた。副立会人を務める杉本昌隆八段は解説で、封じ手に至る挑戦者の心境を推し量り、封じ手の中身の予想も披露した。

 「お互いの持ち味が出た」と初日を振り返る杉本副立会人。2日目は午前から本格的な攻防が始まるとみている。

【第78期将棋名人戦第1局】「#杉本副立会人に聞きたい」~封じ手局面解説~=高津祐典撮影

18:30

挑戦者が56手目を封じる

拡大する写真・図版封じ手を立会人の福崎文吾九段(右)に渡す渡辺明三冠。右後ろは豊島将之名人=2020年6月10日午後6時34分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

 渡辺挑戦者が56手目を考慮中に午後6時30分になり、立会人の福崎九段が「18時半になりましたので、次の手は指さずに封じ手になります」と両対局者に告げた。挑戦者はすぐに「じゃあ封じます」と意思表示。封じ手用紙を受け取り、別室へ。2枚の封じ手用紙をそれぞれ封筒に入れて戻り、豊島名人がサインして挑戦者に戻す。挑戦者が改めて福崎立会人に封筒2通を渡して1日目が終わった。

 持ち時間各9時間のうち、消費時間は名人が4時間58分、挑戦者は3時間7分。11日午前9時に再開する。(村上耕司)

拡大する写真・図版名人戦第1局の封じ手=2020年6月10日午後6時37分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

17:50

自陣角、深い読みがないと

 午後5時50分、豊島名人が▲4六角と打った。43分の考慮だった。自陣寄りの六段目に打つ角は、敵陣に打ち込む角と違って、働かないと負担になる。深い読みがないと打てない角だ。

 名人は挑戦者だった前期名人戦でも第4局で▲1六角という手を決断し、勝利を引き寄せている。(村上耕司)

拡大する写真・図版〈途中図〉55手目▲4六角まで

初日夕方までの局面解説

#杉本副立会人に聞きたい

 後手の挑戦者が攻め、先手の名人が受ける形で進んだ序盤戦は、午後になって両者の長考が目立ち始めた。状況に変化はあったのか。副立会人を務める杉本昌隆八段が20分以上にわたって解説した。

 ファンからは、6月から始まった「順位戦」についての質問がツイッターで寄せられた。弟子の藤井聡太七段が昇級し、杉本八段は藤井七段と同じB級2組に所属する。同じクラスになった杉本八段が語った胸中とは。

【第78期将棋名人戦第1局】「#杉本副立会人に聞きたい」~初日夕方までの局面解説~=高津祐典撮影

16:20

楽しい長考?

 豊島名人の▲4五歩を見て杉本八段は「タイトル戦ならではの読みの入った手ですね」と話した。「豊島さんはちょっと模様がいいと思っているんでしょうね。ここ数手、長考が続きましたが、これは苦しい長考ではなく、考えれば作戦勝ちになるという、考えがいのある楽しい長考です。▲4五歩の一手で見通しが立ったのかもしれません」(村上耕司)

15:50

中西悠真三段が検討に加わる

 三重県亀山市在住の中西悠真(ゆうま)三段(18)が現地を訪れ、立会人の福崎文吾九段(60)らの検討に加わった。中西三段は久保利明九段(44)門下で、今年1月に三段に昇段した。

拡大する写真・図版名人戦第1局の検討に加わる関西奨励会の 中西悠真三段=6月10日、三重県鳥羽市の戸田家、佐藤圭司撮影

 「もともと振り飛車を指していたのですが、最近、居飛車の将棋を勉強しているんです」。豊島名人と渡辺挑戦者が駒を進める盤面に、目を輝かせた。三段リーグは今月20日に開幕する。

 中西三段は初参戦だ。「厳しいところと思いますが、一生懸命頑張りたいと思います」と笑顔で話した。(佐藤圭司)

15:50

長考、また長考

 午後になって両者の長考が目立つようになってきた。昼食休憩の1時間を挟んで渡辺挑戦者が△3三銀と指すと、豊島名人は次の手に40分考えた。次の渡辺挑戦者の考慮時間は30分だ。さらに名人は次の手に1時間以上考えている。(村上耕司)

戸田家、名人戦は6局目

 戸田家では将棋や囲碁のタイトル戦が何度も催されてきた。将棋名人戦は、本局が6局目だ。時を戻して、古い順から振り返ると……。

 ①第54期(羽生善治名人―森内俊之挑戦者)の第2局(1996年4月24、25日)=羽生名人勝ち→七番勝負も羽生名人が防衛。

 ②第56期(谷川浩司名人―佐藤康光挑戦者)の第6局(1998年6月8、9日)=佐藤挑戦者勝ち→七番勝負も佐藤挑戦者が奪取。

 ③第59期(丸山忠久名人―谷川浩司挑戦者)の第1局(2001年4月12、13日)=丸山名人勝ち→七番勝負も丸山名人が防衛。

 ④第63期(森内俊之名人―羽生善治挑戦者)の第2局(2005年4月25、26日)=森内名人勝ち→七番勝負も森内名人が防衛。

 ⑤第65期(森内俊之名人―郷田真隆挑戦者)の第3局(2007年5月7、8日)=森内名人勝ち→七番勝負も森内名人が防衛。

 過去5例は、戸田家対局で勝った棋士が、七番勝負も制している。果たして、6度目の名人戦・戸田家対局の勝者は? そして、七番勝負の行方は?(佐藤圭司)

15:00

おやつは三重名物の赤福餅

拡大する写真・図版豊島将之名人の3時のおやつは赤福餅=2020年6月10日午後2時57分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

 おやつの時間だ。豊島名人は三重県名物の「赤福餅」を自室に。渡辺挑戦者はアイスコーヒーを対局室に運んで、と注文した。

 おやつは「フルーツ盛り合わせ」、「伊勢抹茶のムース」、「オレンジのケーキ」、「チョコレートケーキ」、「赤福餅」の5種類から、飲み物は「ホットコーヒー」「アイスコーヒー」「紅茶(ミルクかレモン)」「アイスティー(ミルクかレモン)」「伊勢茶」から、事前に選ぶ仕組みだった。(佐藤圭司)

拡大する写真・図版渡辺明三冠のおやつはアイスコーヒー=2020年6月10日午後3時、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

14:42

渡辺三冠、忍者みたい?

 48手目△2二玉を指した渡辺挑戦者が、紺色の布で口と鼻を覆い始めた。検討室では、ジョギングなどの際に使う「バフ」と呼ばれるものではないか、と言われている。マスクより呼吸がしやすいという利点があるようだ。「忍者みたい」「時代劇の役者だ」。そんな声が上がっている。(村瀬信也

拡大する写真・図版バフのようなものを顔につけた渡辺挑戦者(左)と盤上に集中する豊島名人

渡辺三冠「なんかすいません…」

 今回の名人戦は新型コロナ感染防止に注意を払いながら、運営されている。対局室での換気も、その一つ。ただし、虫などが侵入して対局の邪魔になってはならないと、対局室には網戸が設置された。虫が苦手な渡辺挑戦者に、安心して対局してもらいたいという戸田家の人たちの思いもこもっている。

拡大する写真・図版新型コロナの感染予防のため、換気が行われている将棋名人戦第1局の対局室。本局のために網戸が設置された=6月10日午前、三重県鳥羽市の戸田家、佐藤圭司撮影

 この点について、対局前日の9日夕方に記者から感想を聞かれた渡辺挑戦者は「なんか、すいません……。申し訳ない、というか……」と笑顔。「もともと無かった物(=網戸)を(本局のために)やっていただく、というのは、やっぱり大変なことだと思う」と続け、「いま、東京の将棋会館でも窓を開けっ放しで対局していて、どこの会場でも、そういう対策は求められているんです。急ピッチにそんな準備までしていただいて……。(本局の)日程も、たぶん急に決まったと思うんですけど、その中で、ありがたいことだと思います」と感謝した。

 「網戸のおかげで、より集中して対局できそう?」という質問に、渡辺挑戦者は「景色もよく、音も静かなところで、海などの自然の音が聞こえる。非常に良い環境で、明日から対局できるかなと思っております」と話した。(佐藤圭司)

13:30

対局再開

 対局が再開した。

 渡辺挑戦者は2分ほど前に対局室に戻ってきたが、豊島名人の姿はない。その状態で渡辺挑戦者は13時32分ごろ、△3三銀と着手した。そのころ、豊島名人が対局室に戻ってきた。(佐藤圭司)

拡大する写真・図版昼食休憩後に対局を再開、一手を指す渡辺明三冠=2020年6月10日午後1時31分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

初日午前中の局面解説

#杉本副立会人に聞きたい

 10日午前の序盤の対局を、副立会人を務める杉本昌隆八段が解説した。両対局者の趣向を凝らした手について詳しく説明し、中盤への流れも展望した。

【78期将棋名人戦第1局】#杉本副立会人に聞きたい~局面解説~=高津祐典撮影

 杉本八段は、事前にツイッターでファンから届いた質問にもこたえた。「名人戦の立会人や副立会人の役割とは」という質問には、「対局を円滑に滞りなく進める仕事」と説明し、対局室の空調への配慮など具体的なサポート例もあげた。

 質問は「過密日程」にも及んだ。

 渡辺挑戦者が8日に藤井聡太七段との棋聖戦五番勝負第一局を戦い、翌9日に名人戦第一局がある鳥羽市へ移動したことによる「疲れ」の影響を問われると、杉本副立会人は、挑戦者の前日の様子などを披露し、「忙しいのは第一人者の宿命」などと言葉を選びながら説明している。

12:30

豊島名人はミニ会席、渡辺三冠は親子丼

拡大する写真・図版初日の昼食に豊島将之名人が選んだのは、ミニ会席料理=2020年6月10日午後0時8分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

 昼食休憩に入った。両対局者は自室で、あらかじめ注文しておいた食事をとる。

 豊島名人は「ミニ会席」。お品書きには「小鉢(烏賊と水菜胡麻酢和え)、御造里(伊勢真鯛の皮霜 小角鮪 芽物一式)、煮物(蛸旨煮 小芋 南京 青味)、焼物(鰆西京焼 細巻玉子 枝豆)、蒸し物(四日市大矢知冷麦 青さ海苔 伊勢鶏燻製)、酢の物(白身魚南蛮漬け)、食事(雲丹御飯 赤出汁 お漬物)、果物(抹茶アイス)」とズラリ書き連ねてあって、迫力がある。

 渡辺挑戦者は、伊勢地鶏の「親子丼」。小鉢(烏賊と水菜胡麻酢和え)、香の物三種、デザートの抹茶アイスが添えてあった。

 昼食休憩は1時間。ここまでの消費時間は豊島名人が2時間5分、渡辺挑戦者は1時間3分。対局は午後1時30分に再開される。(佐藤圭司)

拡大する写真・図版初日のお昼ごはん、渡辺明三冠は伊勢地鶏を使った親子丼=2020年6月10日午後0時9分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

11:51

名人、1時間26分の長考

 41手目で豊島名人が長考。午前11時51分に▲5八玉と指した。この手に1時間26分考えた。両者の消費時間は、名人が1時間59分、渡辺挑戦者が33分。

10:55

考え込んでいる名人

 渡辺挑戦者の40手目(△9二香)を見て豊島名人が考え込んでいる。

 副立会人兼解説者の杉本昌隆八段は「豊島名人の▲4五歩は珍しい。桂を跳ねる場所なので、これでほぼ先手から攻めることはできなくなった。後手に攻めさせて迎え撃つ構想です。事前研究を感じます。まだ序盤ですけど、構想力のぶつかり合いです」と話した。

10:40

見慣れない手

 午前10時半をまわった。40手目に渡辺挑戦者が見慣れない手を指した。△9二香。どういう意味なのか。解説の杉本昌隆八段に聞いた。

拡大する写真・図版〈途中図〉40手目△9二香まで

 「直接的には、△9一飛~△9四歩と逆襲する筋がありますが、9筋に飛車が回ってしまうと先手に8筋に角を打たれる隙を作ってしまうのですぐには実現しません。8筋の隙があるので、△4一飛と回る筋も消えてリスクが高い手といえそうです。ただ、渡辺さんはこうした香上がりをあまり気にしないイメージがありますね。趣向をこらした手といえそうです。真の狙いは間合いをはかって先攻しようとしているのではないでしょうか。現在の豊島名人の陣形は最善型なので、豊島名人に1手指させてから△6五桂と仕掛ける構想とみました」

 「ここまでの展開で、豊島名人の▲4五歩(37手目)も珍しいですね。▲4五桂と跳ねる手がなくなって先攻しにくくなりました。豊島名人は後手に先に攻められても構わないと言っているんですね。これも趣向の一手と言えます」

 ▲9五歩~▲4五歩と位をとって悠然と構える豊島名人に対し、リスクが高い手をいとわずに先攻を狙う渡辺挑戦者。共に趣向をこらす展開になっている。(丸山玄則)

10:00

おやつ運ばれる

拡大する写真・図版豊島将之名人のおやつはフルーツの盛り合わせ=2020年6月10日午前10時19分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

 対局者の自室におやつが運ばれた。あらかじめ注文しておいたメニューで、豊島名人は「フルーツ盛り合わせ」(スイカ、メロン、リンゴ、キウイフルーツ、アメリカンチェリー)。渡辺挑戦者は「チョコレートケーキとアイスコーヒー」。チョコレートケーキにはチョコレートのムースとブラウニーが盛り合わせてあり、フルーツが添えられている美しい一皿。戸田家洋食シェフの特製だ。アイスコーヒーだけは対局室に運ばれている。渡辺挑戦者の希望だそうだ。(佐藤圭司)

拡大する写真・図版渡辺明三冠のおやつ。「チョコレートケーキ、チョコレートムースとブラウニーの盛り合わせフルーツ添え」=2020年6月10日午前10時46分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

9日の対局室検分

「ねじり合いの熱戦指せたら」

 第78期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の開幕を翌日に控え、豊島(とよしま)将之(まさゆき)名人(30)と挑戦者の渡辺明三冠(36)が9日、三重県鳥羽市の旅館「戸田家」で対局室の検分に臨んだ。

拡大する写真・図版対戦を前に対局室を検分し、駒を確かめる豊島将之名人(右)と渡辺明三冠。中央は立会人の福崎文吾九段=2020年6月9日午後4時55分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

 同所では将棋や囲碁のタイトル戦が何度も行われ、名人戦は2007年の第65期以来6回目の開催。当初は5月の第3局が予定されていたが、約1カ月遅れで第1局が行われる。対局室の「3密」を避けるため、窓を開放し、開始時や終了時の入室者も制限する。

 豊島名人は「こういった状況にもかかわらず、対局を受け入れていただいて、感謝している。楽しみにしてくれる方も多いと思うので、ねじり合いの熱戦を指せたら」。渡辺三冠は「大変な中で名人戦に向けてご苦労があったと思う。そういう中で対局させていただくことをかみしめながらやりたい」と話した。

 今期の名人戦は、昨年、名人・竜王という将棋界の2大タイトルを獲得した豊島名人と、現在、棋王、王将、棋聖と最も多いタイトルを保持する渡辺三冠の頂上決戦でもある。

 対局は持ち時間が各9時間の2日制。10日午前9時に始まり、夕方に封じ手。11日午前9時に再開し、夜までに決着する見込み。第1局は振り駒で先手後手が決まる。立会人は福崎文吾九段(60)が務める。

ハイペースで対局

 日程の遅れに伴い、両者はハイペースで対局を消化する必要が生じている。今月だけでも10、11の両日、18、19の両日、25、26の両日に名人戦がある上、2人とも、並行して別々のタイトル戦を戦うからだ。

 東京都在住の渡辺棋聖は8日に藤井聡太七段(17)との棋聖戦五番勝負第1局を戦い、翌9日に名人戦第1局がある鳥羽市へ移動した。一方、兵庫県在住の豊島名人は名人戦第1局の後、東京へ向かい、13日に王位戦の挑戦者決定リーグを戦う。21日には、開幕が4月から延期された叡王戦七番勝負に挑戦者として臨む。王位戦でも挑戦者になれば、さらに対局が増える計算だ。

 豊島名人は「もともときつい日程と思っていたが、2カ月休んだことでかなり大変なのかと思っている。でも、きつい日程の後に実力がついたこともあったので頑張りたい」と話す。

10:15

名人が手を変える

 36手目(△4一玉)までの局面は過去3例ある。直近では2月29日の棋聖戦決勝トーナメント・藤井聡太七段―斎藤慎太郎七段戦。2月13日にも叡王戦決勝三番勝負第2局で渡辺と豊島が同じ局面を指している。この時は後手番の豊島が勝った。

 本局は豊島が先手番だが、豊島が▲4五歩と手を変えた。互いに間合いをはかるような展開で、最先端の将棋になった。

9:55

前期名人戦第4局と同じ局面

 33手目▲2九飛までの局面は、6月2日にあった棋聖戦決勝トーナメント準決勝の藤井聡太七段―佐藤天彦九段戦と同一局面。藤井七段が先手番を持って指し、111手で勝った。

 実戦は△5四銀▲3八金と進んで藤井―佐藤天戦から離れ、今度は昨年の佐藤天彦名人に豊島将之王位が挑戦した前期名人戦第4局と同じ局面になった。これは先手の豊島が勝っている。

9:15

戦型は角換わりに

 初手から▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩と互いに飛車先の歩を突き合って相懸かり模様の出だしだったが、ここから名人が▲7六歩。以下△3二金▲7七角△3四歩▲6八銀△7七角成▲同銀△2二銀と進み、角換わりの戦型になった。

9:00

先手は豊島名人

拡大する写真・図版名人戦第1局の対戦を前に振り駒が行われ、豊島将之名人が先手となった=2020年6月10日午前8時56分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

 本局の記録係は高田明浩三段(17)。七番勝負の第1局の記録係は、先手後手を定める「振り駒」の重責を担う。

 最初は「振り直し」。近くにいた記者の目には、1枚が立っているように見えた。してみると、残りは歩2枚、「と金」2枚だったようだ。振り直した結果は「歩が3枚」。名人のタイトル保持者である豊島名人の先手と定まった。両者、飛車先の歩を突きだしたところで、報道陣は退出した。

 高田三段は岐阜県各務原市出身、関西奨励会所属、森信雄七段(68)門下。本局の副立会人2人のうちの一人、澤田真吾六段(28)も森七段門下で、高田三段と澤田六段は兄弟弟子の関係だ。「名人戦の記録係は初めて。やりたかったんです」。朝食の時に話を聞くと、高田三段は笑顔で話してくれた。(佐藤圭司)

拡大する写真・図版名人戦第1局が始まる朝、昇る朝日が雲間をオレンジ色に染めた=2020年6月10日午前4時49分、三重県鳥羽市、河合真人撮影

8:42

両対局者が入室

 挑戦者の渡辺三冠が8時42分、豊島名人は同51分に入室した。名人が駒箱を開け、両者が1枚ずつ駒を並べる。記録係の高田明浩三段が振り駒を行い、歩が3枚出て、名人の先手となった。

 午前9時、立会人の福崎文吾九段が「第78期将棋名人戦七番勝負の第1局は豊島名人の先手で初めてください」と宣言。名人が初手▲2六歩と飛車先の歩を突くと、挑戦者も一呼吸置いて△8四歩と飛車先を突いて第1局が始まった。

拡大する写真・図版名人戦第1局の初日、対局室に入る前に検温を受ける渡辺明三冠=2020年6月10日午前8時42分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

9日

両対局者が戸田家に到着

 9日午後4時ごろ、対局場の「戸田家」に到着した両対局者ら一行は、寺田順三郎社長(68)らの歓迎を受けた。

拡大する写真・図版検分を終えた豊島将之名人は芳名帳に「初心」の文字を書いた=2020年6月9日午後5時9分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

 歓迎スピーチで寺田社長は「当初の予定では5月の連休明けの第3局だったのですが、コロナ禍で中止があり、私どもが第1局ということになりました」と切り出し、「まずは安心、安全ということで、精いっぱいおもてなしをさせていただきます」とあいさつした。

 さらに、戸田家が1カ月以上営業を休んだことに触れ、「(名人戦という)大イベントは当館にとっても、鳥羽市という観光地にとっても大変ありがたい」と続けた。

拡大する写真・図版検分を終え渡辺明三冠は、芳名帳に「志高」の文字を書いた=2020年6月9日午後5時15分、三重県鳥羽市の戸田家、河合真人撮影

 寺田社長が「渡辺挑戦者はぬいぐるみ好き」というエピソードを織り交ぜると、渡辺挑戦者が笑顔になる場面もあった。(佐藤圭司)