[PR]

 飲食店の営業時間外に店舗を借りて料理を提供する「間借りレストラン」が広がりつつある。店の調理器具や食器などが利用でき、初期投資を抑えながら「お試し」感覚でチャレンジできる。店側は家賃収入を得られ、互いの利益が合致する。最近では間借りから卒業して独立する店も出始めている。

 スパイスの効いたカレーライスが人気の「ANDY CURRY(アンディーカリー)」は、名古屋市東区泉1丁目のダイニングバーを間借りし、ランチタイムだけ営業している。

 カウンターにはワイングラスや洋酒のボトルが並ぶ。メニューは、レギュラーメニューのチキンカレーとキーマカレー、週替わりの創作カレーの3品が味わえる。

 店主の安藤佳孝さん(36)は、ダイニングバーの共同経営者だったが、2018年7月、カレー店として独立することを決意。営業していない昼間のダイニングバーを借り、スパイスの研究を重ねている。店は口コミで評判となり、毎日40~50食分のルーを用意しているが、売り切れることもあるという。安藤さんは、調理器具や食器なども店のものを使わせてもらっている。

 「初期投資が抑えられ、失敗し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら