[PR]

 江戸時代、木村源四郎によって編纂(へんさん)された近江国の地誌で、貞享(じょうきょう)年間(1684~88)に彦根藩井伊家へ献上されたことがわかっています。

 全部で11本の写本が知られる中、琵琶湖文化館が所蔵する1本(全8冊)は江戸時代末期ころに書写されたもので、精美な文字で正確に写された善本です。村別に記述され、由緒ある社寺なども記されますが、主として戦国時代に地域で活躍した武士や土豪のことを詳しく述べているのが最大の特徴といえます。

 中でも現在、特に注目を集めているのが犬上郡左目(さめ)(現在の多賀町佐目)の項目です。ここに美濃国守護の土岐(とき)成頼(しげより)から離反した「明智十左衛門」が逃れ住んだという言い伝えが記されています。十左衛門の孫か曽孫の代に左目で生まれたのが、本能寺の変で知られる明智十兵衛光秀であるというのです。

 この伝説は必ずしも一級史料に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら