[PR]

 スイレンやハナショウブ、アジサイにツツジ……。高松市の栗林公園で、多彩な花々が見頃を迎えている。来園者たちは、人との距離を空けるなど新型コロナウイルス対策をとりながら楽しんでいる。

 池に浮かぶ島の上で、ハートの形に見えるのはツツジだ。「恋ツツジ」と呼ばれ、カップルに人気がある。公園観光事務所によると、枝を整えていくうちに自然とこの形になった。近所から家族と来た飯野尊(たける)君(9)は「ハート形が池の水に映ってきれい」。

 水面に咲くスイレンには、左右で黄色とピンク色に分かれたような花もある。もとは黄色だったが、別の種との交配が進んだらしい。観光事務所は「ミックス」と名づけている。年に数回現れ、「見られるとラッキー」(担当者)だ。

 小道沿いにはヤマアジサイが、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース