[PR]

 茂木敏充外相は9日、英国のトラス国際貿易相とテレビ会議形式で協議し、日英間の新しい通商協定締結に向け、交渉を始めることで合意した。1月末に英国が欧州連合(EU)から離脱したことを受け、日英は年内にも、新しい協定の発効を目指す方針だ。

 初交渉の冒頭、トラス氏は「日本はTPP11(米国を除く環太平洋経済連携協定)のリーダー。日本との自由貿易協定は英国のTPP11入りに向けた重要な節目だ」と意欲を示した。茂木氏も「コロナ危機後、自由貿易の旗手たる日英で世界に力強いメッセージを発信する」と応じた。

 日本とEUの経済連携協定(E…

この記事は有料会員記事です。残り328文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り328文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り328文字有料会員になると続きをお読みいただけます。