[PR]

 新型コロナウイルスの影響で、高級フルーツの生産者らが販売戦略を練り直している。あえてブドウの房を大きくせずに価格を抑えたり、百貨店だけでなく地元のスーパーにも販路を広げたり。輸出や都市部の需要が落ち込み、従来の高級路線だけではピンチを乗り切れないとの判断がある。(小沢邦男、山中由睦)

拡大する写真・図版大房のブドウ栽培を自重するよう呼びかけるJA全農おかやまの情報誌

 「ストップ! 大房化!」。JA全農おかやま(岡山市)は4月、農家向けに発行する情報誌に、大きな房のブドウを作らないよう呼びかける記事を載せた。

 新型コロナの影響に伴い、「輸…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら