写真・図版

[PR]

 子どもの紫外線対策が重視されるようになって久しい。けれど、まだ意思の疎通が難しい幼い子の保護者にとって毎日のケアは手間がかかる。正しい方法で効率よく対策をとりたい。

 3種類ある紫外線のうちUVA(紫外線A波)は、肌の奥深くまで届いて主にしわやたるみの原因になる。UVB(紫外線B波)は、肌の浅い部分に届き、日焼けやしみ、皮膚がんなどの原因になる。

 環境省の「紫外線環境保健マニュアル」によると、4~9月に年間の約70~80%の紫外線を浴びている。午前10時~午後2時に浴びる量は、夏で1日の約70%、冬は1日の約80~85%を占めるという。

 このため、赤ちゃんを外の空気に触れさせる「外気浴」は、なるべく午前10時~午後2時ごろを避けるのが一般的だ。けれど、成長とともに動きが活発になったり、保育園などに通い始めたりすると、昼間に屋外で過ごす時間は格段に長くなる。

日焼け止め、正しい使い方は

 神奈川県立こども医療センター皮膚科の馬場直子部長は「大人も子どもも日焼け止めの使用が対策の基本」と話す。

 日焼け止めの効果を示す「SP…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら