写真・図版

[PR]

 新型コロナウイルス感染症の拡大を防ごうと、全国的に外出を控える動きが続いてきました。家にばかりいることで活動量や会話が減り、高齢者の心やからだに悪い影響が出るのでは、と心配されています。健康を維持し、おうちで快適に過ごすにはどうしたらいいのでしょうか? 参考になる情報が続々と出ています。

 「ジムにも行けない、気軽に集まることもできない」。当たり前にできていたことがこの春、できなくなり、家の中で過ごす時間が大幅に増えた。

 巣ごもり生活で会話が減り、すでに影響が出ているという報告がある。

 健康政策を専門とする筑波大の久野譜也教授は、新潟県見附市と共同で、市の健康運動教室に通っていた683人(平均年齢69・6歳)を対象に調査をした。

 教室は週1~2回開かれ、ストレッチや有酸素運動、筋トレなどをしてきたが、新型コロナの感染拡大を受け、3月2日から休止になった。5月上旬まで約2カ月の自粛生活で72%が運動不足を実感、63%は会話の頻度が減ったと感じていた。

 会話が減った人と変化がない人にわけて分析すると、減った人は「楽しい気分で過ごせない」「興味のあることが減った」割合が高かった。久野さんは「外出自粛が社会参加の制限につながり、認知機能や免疫力の低下といった想像以上に深刻な事態を生んでいる」と指摘。「要介護になる人や認知症になる人を増やさないよう、対面しなくてもお年寄りが交流できる仕組みづくりが求められる」と話す。

 心身の衰えや認知症を防ごうと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら