[PR]

 日本高校野球連盟は10日、新型コロナウイルスの影響で中止となった今春の第92回選抜高校野球大会に出場予定だった32校を8月に阪神甲子園球場に招き、試合を行うと発表した。「2020年甲子園高校野球交流試合」(仮称)とし、日本高野連が主催し、朝日新聞社、毎日新聞社が後援する。8月10~12日、15~17日の計6日間、32校が1試合ずつ戦う。

 感染拡大防止の観点から1日3試合以内とし、無観客で開催する方針。球場での開会式は行わず、組み合わせは7月18日に各校主将のオンライン抽選会で決める予定。感染症の専門家らが参加する実行委員会を立ち上げ、運営の準備を進める。各校には30日までに参加可否を確認する。この日オンラインで行われた理事会で決まった。

 今春の選抜大会は無観客での開催を模索したが、選手が安心してプレーする環境を担保できないとして、3月11日に中止を決定。夏の第102回全国高校野球選手権大会も、長期宿泊が感染拡大につながりかねないことや、49代表が出そろわない可能性があることなどを踏まえ、5月20日に中止を発表した。

 日本高野連は八田英二会長が3月の選抜中止時に「(選手には)何らかの形で甲子園の土を踏ませてあげたい」と語っており、32校の救済措置を探っていた。8月に49代表が出そろう選手権大会の開催は厳しいが、全国で緊急事態宣言が解除され、休校措置が明けて部活動も再開されてきたこと、地方独自の大会の開催も決まりつつあることなどを総合的に判断した。

 交流試合は各校1試合だけで長期宿泊もしない。また、関東から西の出場校は公共交通機関を使わず、地元から貸し切りバスで来場するなど感染防止対策に努める。(小俣勇貴

センバツ出場予定だった32校

校名    地区        昨秋の戦績

白樺学園  (北海道)     北海道1位

仙台育英  (東北・宮城)   東北1位

鶴岡東   (東北・山形)   東北2位

桐生第一  (関東・群馬)   関東4強

健大高崎  (関東・群馬)   関東1位

花咲徳栄(とくはる)  (関東・埼玉)   関東8強

国士舘   (東京)      東京1位

東海大相模 (関東・神奈川)  関東4強

山梨学院  (関東・山梨)   関東2位

加藤学園  (東海・静岡)   東海4強

中京大中京 (東海・愛知)   東海1位

県岐阜商  (東海・岐阜)   東海2位

日本航空石川(北信越・石川)  北信越2位

星稜    (北信越・石川)  北信越1位

大阪桐蔭  (近畿・大阪)   近畿2位

履正社   (近畿・大阪)   近畿4強

明石商   (近畿・兵庫)   近畿8強

天理    (近畿・奈良)   近畿1位

智弁学園  (近畿・奈良)   近畿4強

智弁和歌山 (近畿・和歌山)  近畿8強

鳥取城北  (中国・鳥取)   中国2位

倉敷商   (中国・岡山)   中国1位

広島新庄  (中国・広島)   中国4強

尽誠学園  (四国・香川)   四国2位

明徳義塾  (四国・高知)   四国1位

創成館   (九州・長崎)   九州4強

大分商   (九州・大分)   九州2位

明豊    (九州・大分)   九州1位

鹿児島城西(じょうせい) (九州・鹿児島)  九州4強

帯広農   (21世紀枠・北海道)北海道4強

磐城(いわき)    (21世紀枠・福島) 東北8強

平田    (21世紀枠・島根) 中国8強