[PR]

 地球環境問題の解決に向けて貢献した個人や団体に贈られる旭硝子財団の「ブループラネット賞」の受賞者が10日、発表された。米国のミネソタ大学教授のデイビッド・ティルマン氏(70)と英国のシンクロニシティー・アース戦略的保全部長のサイモン・スチュアート氏(63)が選ばれた。

 ティルマン氏は、農業と食習慣が健康と環境に与える影響を研究し、植物ベースの食物は人間の健康と環境に良い影響を与え、赤身の肉は両方に悪影響を与えることを示した。スチュアート氏は種の絶滅リスクの情報源として広く活用されている国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストのカテゴリーと基準の開発を主導した。