[PR]

 北海道から九州、朝鮮半島南部に分布するとされてきたツツジ科植物のコメツツジ。このうち西日本と朝鮮半島のものは別種で、しかも地域別に3タイプに分かれることが新しい研究で示された。生育地は山の頂上付近や尾根筋の限られた場所だ。地球温暖化の進行に対して敏感な環境なだけに、今後は種の保全策が課題となる。

拡大する写真・図版ニシノコメツツジの花(渡辺洋一さん提供)

 コメツツジは樹高0・5~1メートルの低木で、梅雨期に花を咲かせる。つぼみが米粒ほどと小さく、白いことが名前の由来だという。形態的な違いから、これまでも西日本のものを区別する意見はあった。

 千葉大園芸学研究科の渡辺洋一特任助教や国立科学博物館植物研究部の遊川知久グループ長らの研究チームは、東日本のコメツツジは網目状の葉脈が目立ち花びらは5枚、西日本のものは羽状の葉脈が目立ち花びらは4枚など、葉や花の特徴を再度整理した。さらに核や葉緑体が持つDNAを解析して、遺伝的な違いもはっきりさせた。

拡大する写真・図版ツクシコメツツジの花。ニシノコメツツジに比べて花びらが短く筒状の部分は長い(渡辺洋一さん提供)

 その結果、紀伊半島と四国に分…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。