[PR]

 サッカーJ1浦和の立花洋一社長は10日、新型コロナウイルスによる経営打撃について「現時点では約20億円の減収、10億円前後の赤字の可能性がある」と明かした。無観客で再開し、その後5千人、スタジアム収容人数の50%と段階を踏んで興行して、なおかつ経費を削減した場合の試算という。

 浦和は昨季、営業収益が過去最高の約82億円に達し、営業利益は約1億4千万円だった。ホーム平均入場者数は3万4184人で、14季連続リーグ最多。シーズンチケット購入者約2万人もリーグ最多で、チケット収入が収益の大きな柱になっている。

 浦和はこの日、コロナ禍でサービス提供が保証できないとして、シーズンチケットの全額払い戻しを発表した。「クラブに貢献したい」というファンの申し出もあることから、半額払い戻しも設定した。

 「観客数100%に戻る可能性…

この記事は有料会員記事です。残り157文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り157文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り157文字有料会員になると続きをお読みいただけます。