[PR]

 昨夏の全国選手権大会で初優勝し、今春の選抜大会で甲子園の夏春連覇を目指していた履正社(大阪)は岡田龍生監督が大阪府茨木市内で取材に応じ、「いろいろな方のご協力、後押しがあって甲子園で試合をさせていただけることに、感謝の一言しかない」と述べた。

 野球部は今月15日から本格的に活動を再開し、7月18日開幕の大阪府高野連による独自の大会には3年生部員を中心に参加予定。この日決まった甲子園での交流試合には、下級生を含め選抜大会で想定していたメンバーで参加する方針だという。岡田監督は「大阪の大会の次に甲子園があるわけではないけれど、『優勝して甲子園で試合しよう』と生徒たちに話したい」と語った。