[PR]

 名古屋市中村区の家電量販店で3月、「俺コロナだよ」と言って業務を妨害したとして威力業務妨害の罪に問われた同区の派遣社員岸野尚史被告(43)の初公判が10日、名古屋地裁(田辺三保子裁判官)であった。岸野被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6カ月を求刑し、即日結審した。判決は26日の予定。

 起訴状によると、岸野被告は3月29日、家電量販店で店員に「俺コロナだよ」などと言い、警察への通報や店内の消毒などをさせて業務を妨害したとされる。

 検察側は「店は消毒作業や客からの問い合わせへの対応を余儀なくされ、被害は重大だった」と指摘。弁護側は「自分の言動を今は正しく理解しており、再犯のおそれはない」として、寛大な判決を求めた。

 岸野被告は被告人質問で、店員に向けて「コロナ」と発言した理由について、「コロナは強いインフルエンザ程度のものだという認識だった。自分の発言が人を不安にさせるとは考えておらず、冗談のつもりだった」と述べた。