[PR]

国民民主党・玉木雄一郎代表(発言録)

 (立憲民主党など他の野党との連携について)通常国会閉会後、党内に新組織を立ち上げ、コロナ後のあるべき国家、社会像の議論を開始する。コロナの時代にふさわしい政策理念を9月をメドにとりまとめる。基本政策を見直すつもりで抜本的な議論をしたい。

 どういう政策、国を目指すのかで一致しないと、選挙目的の数合わせとの批判は免れない。我々はまずコロナ後の世界をしっかりリードする理念、政策を示したい。新しい憲法論と経済政策を避けることなく議論する。考えをしっかり整理した上で、他党との連携も考えていきたい。

 通常国会が終わり次第、人事刷新にも着手したい。衆院選がそう遠くないうちにあるだろうことも念頭に置く。(10日、記者会見で)