[PR]

 さいたま市は10日、市内に住む20代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同市の発表分で、再陽性を除き感染が判明したのは5月29日以来、12日ぶり。県内で確認された感染者は中国・武漢市からの帰国者4人を含め延べ1020人となった。

 市によると、男性は一人暮らし。7日に37~38度の熱やせき、鼻水の症状が出て8日に医療機関で受診したという。市保健所で感染経路を調べている。