[PR]

 日本高校野球連盟は10日、中止となった今春の第92回選抜高校野球大会に出場予定だった32校を8月に阪神甲子園球場に招き、試合を行うと発表した。「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」とし、日本高野連が主催。朝日新聞社、毎日新聞社が後援する。8月10~12日、15~17日の計6日間、32校が1試合ずつ戦う。

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から1日3試合以内とし、無観客で開催する方針。球場での開会式は行わず、組み合わせは7月18日に各校主将によるオンライン抽選会で決める予定。感染症の専門家も参加する実行委員会を立ち上げ、運営の準備を進める。各校には30日までに参加可否を確認する。この日オンラインで行われた理事会で決まった。

 今春の選抜大会は無観客での開催を模索したが、選手が安心してプレーする環境を担保できないとして、3月11日に中止を決定。夏の第102回全国高校野球選手権大会も、長期宿泊が感染拡大につながりかねないことや、49代表が出そろわない可能性があることなどを踏まえ、5月20日に中止を発表した。

 日本高野連が3月に選抜を中止にした際、八田英二会長は「(選手には)何らかの形で甲子園の土を踏ませてあげたい」と語るなど、32校の救済策を探っていた。全国で緊急事態宣言が解除され、休校措置が明けて部活動も再開されてきたこと、地方独自の大会の開催も決まりつつあること、政府がイベント開催の制限を段階的に緩和する方針を示したことなどを総合的に判断した。各校1試合ずつで長期宿泊もしない。また、関東から西の出場校は公共交通機関を使わず、地元から貸し切りバスで来場するなど感染防止対策に努める。

 八田会長はこの日の記者会見で「専門家から示される感染防止対策を周知徹底して臨む。新たな挑戦に向かう球児へのメッセージです」と話した。

     ♢

 日本高野連の記者会見での主なやりとりは次の通り。

 八田英二会長 選抜出場校の球児のみなさん、特に3年生部員に伝えたい。気持ちを新たに部活動に取り組み、万全の態勢で甲子園球場に来て下さい。悔いのないように交流試合に臨んで下さい。

 ――8月に全国から32校が集まるなら、夏の大会はできなかったのか

 八田 感染のリスクを考えたからこそ1試合だけ。近隣は日帰り、遠方は最大でも2泊3日としてリスクをゼロに近づけたかった。救済策と感染のリスクということで、こういう手法を選んだ。それが私どものできる最大限のところ。

 ――各地の独自大会で優勝することでけじめをつけようと切り替えている球児の気持ちが乱れないか

 八田 春の出場校は切符を持っていた。不平等なところはあるかもしれないが、32校には全国の3年生の代表ということで精いっぱいプレーをしてほしい。

 ――判断を遅らせれば夏の甲子園ができたのでは

 八田 緊急事態宣言下での休校や部活動の状況など、あらゆる事情を勘案すると(5月)20日以降に結論を先延ばしすることはできなかった。あの時点が最終の決断だと今でも考えている。

 ――地方の独自大会を含めて1週間500球の投球数制限を採用するのか

 小倉好正事務局長 日本高野連が主催するゲームは公式戦扱い。独自大会も公式戦という方針。独自大会と交流試合が重なる場合、球数制限は入ってくる。最終的には実行委員会で確認する。