[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で2月末から休園していた横浜市の「よこはま動物園ズーラシア」「野毛山動物園」「金沢動物園」が、11日から営業を再開する。入園口にサーモグラフィーを設けるなどの対策を取っての再開だ。

 10日はズーラシアで職員がサーモグラフィーの説明を受けた。37・5度以上ある人は入園を断るといい、スタッフの鈴木智之さん(24)は「気持ちよく来園していただけるように笑顔で対応したい」と話した。

 3動物園では入園口での検温のほか、手すりを定期的に消毒し、ガラス窓には触れないよう呼びかける。ズーラシアは入園を1日5千人程度に制限し、ツイッターやフェイスブックで混雑状況を随時発信する。野毛山動物園は6月中は平日のみの開園とする。

 ズーラシアでは休園中に、オナガザル科のフランソワルトンとアカアシドゥクラングールの赤ちゃんが生まれた。久保良法副園長(49)は「久しぶりの動物園を楽しんでいただきたい。動物たちと一緒にお待ちしています」と話した。(黒田陸離)